ママチャリのチェーンのたるみを調整しまーす

もう3月も終わりに近づいてきているっつーのに、なかなか暖かくなりませんね…


東北の方々は余計に大変な思いをしているんでしょうし、

ワタクシもせっかくの動きまくりたいこの気持ちを削がれております。笑




さて今日はですね、最近ちょっと気になってたことがありまして…


『自転車に乗ってるとき、段差なんかでチェーンケースからガンガン音がする』


ママチャリ乗ってる方で経験ある方もいるかとおもいますが、

コイツはたるんだチェーンがケースにぶつかってる音であります(#゚Д゚)y-~~イライラ


なんで今日は寒い中、コイツを解消するために、チェーンの張り具合を調整したいと思います(`・ω・´)




画像


まずはチェーンケースの後ろ部分と内装ギアのカバー(ドライバー1本でOK)を外し、

車軸のナット(赤○)を左右とも緩めます(´∀`)



画像

(ピンボケでスミマセン…(;^ω^))

ここからが調整です。

チェーン引きナット(赤○)を回すことで、

車軸を前後に移動させることができます(^ω^)

時計回りで後ろ側に、反時計回りで前側に調整できます(`・ω・´)

まずはチェーン側を調整して、チェーンのたるみが取れる位置までもっていきます。

※このあたりはレンチを入れるスペースがないので、ラジオペンチで回しました(´∀`)



画像


「チェーンケースがあるからチェーンの状態が分からないじゃないか!」

僕はこんな具合に隙間からドライバーでさわりながら調整しました(^ω^)

たるみは1.5~2㎝が妥当なようです(`・ω・´)



画像


最後に、後輪がフレームに対して平行か、車軸が左右にぶれてないかを確認しながら調整してください。

平行が確認できたら、車軸のナットをしめ、外したパーツ類をもとに戻せば作業完了(`Д´)ゞ!です。



これで、あのやかましいガタガタともおさらば(´∀`*)ノシ ですね、笑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

名乗るほどの者ではありません
2017年11月11日 12:10
参考させていただきました。
ありがとうがざいました。

この記事へのトラックバック